2011年01月12日

行政書士試験短期合格術 小野たかひと 効果


行政書士試験短期合格の最大のポイント

民法の記述問題を攻略する方法

詳細はこちらをクリック


行政書士試験に短期間で合格するための戦略はハッキリしています。


それは、行政法と民法を重点的に攻略する事です。これは、科目別の点数配分を見ても明らかで、行政法と民法が満点ならそれだけで合格ラインを突破してしまいます。


逆に言えば、行政法や民法が不得意では合格は非常に困難だということです。


特に、行政書士試験の受験生がこぞって苦手としているのが民法の記述問題ですね。


行政法では記述問題の配点が低い(112点中20点)からまだよいのですが、民法では記述問題の配点の方が高くなっている(76点中40点)ので、これは大問題です。


また、択一式問題と比べて記述問題の攻略には時間がかかります。従って、早めに手を打たなければなりません。


以上のことをトータルに考えると、


「行政書士試験短期合格の最大のポイントは民法の記述問題攻略にある」


という事が言えるわけです。


実は、その“民法の記述問題攻略法”がズバリ載っているテキストがあるのです。小野たかひと氏の「行政書士試験短期合格術」という教材です。


詳細はこちらをクリック


「行政書士試験短期合格術」は、


● 行政書士試験に最短で合格できる勉強法を解説した動画とテキスト
● 記述問題に重点をおいた民法攻略法のテキスト
● 1日でできる一般知識問題攻略法のテキスト


の3つとスペシャル特典で構成されています。


合格レベル到達の目安は、1日2時間の勉強で約3ヶ月後です。
これは実践者の多くが達成できているので、妥当な目安でしょう。


行政書士試験は以前と比べて難しくなっています。基本書を読んで過去問を解くだけの勉強法では対処できなくなったとも言われています。


そのような状況の中で確実に短期合格を果たすには、戦略的な勉強法が欠かせません。


“戦略的”とかいうと難しそうですが、心配はいりません。
必要な戦略は「行政書士試験短期合格術」に盛り込まれています。


あとは、このマニュアルに書かれている方法で勉強を進めるだけです。そうすれば、3ヵ月後には行政書士試験に合格できる実力がついているでしょう。


詳細はこちらをクリック




小野たかひと氏の「行政書士試験短期合格術」の効果、レビュー、感想などの情報を公開しています。「行政書士試験短期合格術」に従えば、3ヶ月間で合格可能です。




資格試験最短合格勉強法 中村一樹 レビュー


マインドマップ資格試験勉強法 7Daysプログラム 効果


試験合格プロジェクトを成功させる方法 松平勝男 口コミ


posted by Hakucho5 at 16:05| 行政書士試験短期合格術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。